前へ
次へ

腰痛は酷い時はお風呂にゆっくり入ろう

腰は生活しているだけで負担がかかる場所であり、慢性的に腰痛に悩んでいる人はとても多いです。ストレッチを行ったり適度な運動を行う事ができれば良いですが、なかなか日頃から忙しい時間を過ごしている人は難しいです。ではどのように腰をケアするですが、一番手軽に行える方法の1つとしてお風呂があります。お風呂は1日の疲れと汚れを落とすために入る人が多いですが、シャワーで済ませてしまう人はとても多いです。シャワーの場合は汚れを落とすことは可能ですが、やはり疲れを取る効果は軽減されてしまいます。そのためやはり1日の疲れをしっかりとる意味も込めてお風呂にお湯をはって、しっかり身体をつけて休める事が望ましいです。お風呂に身体をつける事で、身体全体をリラックスさせることができるだけでなく血行促進効果があげられます。そうすると腰痛の原因である血行不良や疲れの蓄積が、お風呂に入る事で改善させる効果が期待できるのでおすすめです。

Page Top