前へ
次へ

サポーターを使った腰痛ケア

腰に大きな負担がかかってしまうことによって、腰痛が起きることがあります。仕事柄、どうしても腰に負担がかかってしまうということであれば、サポーターを利用してみるとよいでしょう。サポーターを利用することによって、腰の負担を軽減させることが出来るようになるので、かなり緩和をさせることができます。どうしても重たいものを持つ仕事を避けることができない、ということであればサポーターも自分の体に合わせてオーダーメイドをすることが出来るものを利用してみるとよいでしょう。そうすることによって、痛み対策は行うことが可能となります。オーダーメイドのサポーターを作る場所が分からないということであれば、整形外科など専門の医療機関を受診してみるとよいでしょう。仕事であれば避けることが難しいので、対応策を考えてくれる医療機関もあります。薬だけでは対処をすることが難しいので、腰痛対策を事前に行っておく、ということも考えてみるとよいでしょう。

Page Top