求人の多い世代と少ない世代の格差と歪みに関する話

求人

求人の多い世代と少ない世代の格差と歪みに関する話

昨今、世の中に求人が増加してきています。
これは団塊世代の大量退職の影響とアベノミクスなどが影響して起こっている現象です。
つまり、今後も労働者不足の影響もあって、求人が増加していく可能性は高いでしょう。
今の就職世代より少し前の世代だと、まともに就職することが難しいという時代背景があったので、就職に関しては色々と苦労してきた方が多く存在しました。
しかし、今から就職する世代はだいぶハードルが低くなったので、社会に対する不満も少なめな傾向があります。
社会から受けた恩恵が前世代と比べると大きい世代でもあるので、今後、この世代は従順になって社会で働いていく可能性が高いです。
求人の多さというのは、社会の豊かさの証明と言える部分もあります。
つまり今の就職で恵まれた世代は、社会の豊かさを体現していく世代と言っても過言ではないでしょう。
世代によって全く違う人生を歩むこととなった日本社会の歪みというのは、どういった形で帰結するのか気になる方も多いでしょう。

適切な人材を確保するならこちら

ユニットバス施工職人としての募集要項
バウム・ハウスがご紹介

最新投稿

お知らせ

一覧